Top > ○''援護セオリーパターンその2 アンロック装備セントリーガンの使用法''
HTML convert time to 0.002 sec.


○''援護セオリーパターンその2 アンロック装備セントリーガンの使用法''

Last-modified: 2006-12-06 (水) 23:32:58

今回、援護兵の装備の大きな特徴のひとつであるアンロック装備のセントリーガンの説明です。
これは映画エイリアン2にも出てきたので比較的知名度が高い装備です(多分ね)

セントリーガンは設置型の自動機関銃で内蔵のセンサーに反応する目標に自動で射撃を加えます。
内蔵されてるセンサーは光学式に加え赤外線センサーを内蔵してるので遮蔽物に隠れた敵や
光学迷彩をしてる敵にも射撃を加えます。

大体のスペックは以下の通りです。
射撃範囲 正面180°以内 (詳しくはもう少し狭いようです)
     上下10°程度 (多少 上下の敵も狙える程度です)
有効射程 近距離から中距離 
弾数   無限
追尾速度 やや遅い(ジャンプしている敵には有効なダメージは与えにくいです)
防御能力 ワンマガジン程度の射撃で破壊される
設置時間 設置から射撃までに数秒かかる(この時間が完全に無防備になります)

これがセントリーの大体の性能です。
こういう風に見ると絶対的な強さを持っているわけではありません。限定された条件下で
強力な効果を発揮してくれます。
設置場所として一番有効なのは敵の移動が制限される狭い通路(例えばタイタン艦内とか)
他にも市街戦での敵の侵入ルート上とかです。
開けた場所でも使えますが、敵兵士の横移動が多いと思うのでセントリーの力を
発揮しにくいと思われます。