Top > ○''援護セオリーパターンその6 敵を倒すことだけがチームに貢献することではない(弾薬補充)''
HTML convert time to 0.004 sec.


○''援護セオリーパターンその6 敵を倒すことだけがチームに貢献することではない(弾薬補充)''

Last-modified: 2006-12-06 (水) 01:10:52

新兵のみなさん実戦には慣れましたか?この戦争は戦場で敵を倒すことは難しいと思います。
敵に古参兵が多い場合、苦戦することも多いでしょう。
 
新兵のあなたは戦場においてライトマシンガンを撃つだけが仕事ではありません。
弾薬補給という重要な任務があります。
基本的に味方から弾薬要請があれば、そこにアモBOXを持っていったり、BOXを置きましょう。
 
140年前の戦争でも少なからず問題になりましたが、他の兵科は自身で弾薬の補充はできません
特に突撃兵の手榴弾、ASロケット、工兵の対戦車ミサイルはすぐ弾切れを起こします。
 
こういう味方が戦闘中であれば、弾薬要請がなくても アモBOXを置きましょう。
そして味方の戦い方を観察してそこから学ぶのです。
 
今大戦では後方支援(補充、補給活動)にポイントがつくのであなた自身にもメリットはあります。
そして戦闘の仕方を覚えてきたら、アモBOXをおいて味方の近くで敵兵士に射撃を加えましょう。
 
しかし、注意しなければいけない点があります。
遮蔽物の陰などに隠れている味方にアモBOXを置くと、敵側からもアイコンが見えてしまうため、
位置がバレてしまい、迷惑がかかることがあります。
そういった場合は置かないで手持ちで補充してあげましょう。