Top > ○''突撃セオリーパターンその5 AR-Rocketの使い方''
HTML convert time to 0.003 sec.


○''突撃セオリーパターンその5 AR-Rocketの使い方''

Last-modified: 2007-05-26 (土) 19:26:58

 突撃兵のアンロック装備「PK-74 AR-Rocket」の使用方法について解説します。

 

 AR-Rocketはアサルトライフルから発射する小型ロケット弾です。
発射すると緩やかな放物線を描いて飛んで行き、障害物に当たるかタイマーが作動すると爆発します。
ただし、発射地点から20m以内では安全装置が作動して爆発しないので注意が必要です。
 敵の防御陣地を崩したり、建物の上に居るスナイパーを攻撃したり、アサルトライフルでは難しい長距離の敵を攻撃したりと非常に便利な装備ですが、連射速度・弾速が遅い為撃ち合いになると不利になります。
 爆風でダメージを与えられる範囲はそれほど広くありませんが、範囲内なら歩兵は2〜3発でやられてしまいます。
また、兵器とその搭乗員に対しても少しダメージを与えることが出来、FAVや対戦車砲および対空砲には非常に有効で、2〜3発で破壊することが可能ですが戦車やAPC、ウォーカーに対しては僅かにしか効果がありません。
 アンロック装備「Herzog AR-Shotgun」と弾薬に互換性があり、両方を同時に装備した場合は残弾が共有される(どちらかを撃つともう一方の残弾も減ります)ので、併用するときはこの点に留意してください。

 
  • 操作方法
     以下は操作設定がデフォルトの場合です。
    右クリックでスコープを覗き込むと、通常は距離が表示されている部分の数値が覗いたときの距離で固定され、発射されたロケットはこの距離だけ飛翔してから爆発するよう設定されます。
    この数値はマウスホイールの上下で調節出来るので、目標に合わせて調節してから発射しましょう。
     ロケット弾は飛行中重力に引かれて緩やかに落ちていくので、スコープの目盛を目安に上向きに角度をつける事となります。
    一番下の目盛りを標的に合わせると、着弾点はズームなしでは160m、ズームありで80mになりますが、標的との高低差を考慮する必要があります。
     スコープを覗いたときに、空などの無限遠や20m以内の至近距離を狙っていた場合、自動的に距離が20mに設定されてしまいます。そのまま撃っても思い通りの場所で爆発しないので注意しましょう。
  • 隠れている敵を倒す
     タイマー起爆機能を使いことで、遮蔽物に隠れている敵を攻撃することが出来ます。
    敵が隠れている遮蔽物に狙いを合わせてからスコープを覗き、そこから+3m程度(状況によって調節しましょう)の距離に設定して発射すれば、隠れている敵に爆風でダメージを与えられます。
    1発では攻撃力が足りないので、なるべく3発撃ち込む様にしましょう。
  • 安全装置
     近距離の敵を攻撃するときは距離に注意しましょう。発射地点から20m以内では安全装置が働いて起爆しません。
    20m以内では直撃させなければダメージが与えられず、しかも直撃のダメージはあまり強くありません。
    近距離で敵と遭遇したら、アサルトライフルに切り替える方が良いでしょう。
  • 敵のAR-Rocketに対する対策
     敵がAR-Rocketを撃ってきたことに気づいたらすぐに敵から見て横方向に移動すれば回避し易くなります。
    建物の角にいきなり撃ち込まれる場合があるので建物に隠れるときは角ギリギリには立たず、距離を置いて隠れるようにしましょう。
  • 進軍の支援
     味方兵器の進軍中など、敵のレールガンが脅威となりそうな場合は積極的にロケットで破壊しましょう。工兵のAT武器よりも遠距離から安全に破壊することが出来ます。

コメントに書かれていた検証結果を記事の参考にしています。検証していただいた方、有難う御座いました。m(_ _)m