Top > 工兵
HTML convert time to 0.003 sec.


工兵 の変更点


 目次
 #contents
 * ENGINEER(工兵)[#as103c7f]
 ** アンチタンクパターン [#as03ccbf]
 ***AE Defuser(爆発物解除器) [#t94a42e9]
 #ref(BF2142Defuser.png,nolink);
 AE Defuserは搭載CPUを使い、
 爆薬の混合火薬類を分析。
 エンジニアはこれにより安全な距離から多種多様な爆発物を無効化することができる。
 &color(Red){TIPS};
 -爆発物(RDX、APM、Motion Mine)を狙って、左マウスボタンを押し続けることで解除できます。
  (爆発物とはちょっと違うがEMP地雷も解除可能)
 -有効距離は約10m程で意外と遠くから解除出来る。
 -ただ、サイトの中心に対象物を持ってくる必要がある為、すばやい解除にはAIM力が重要。
 #br
 #pcomment(工兵/コメント/Defuser,5)
 #br
 ***NetBat Vehicle ID(敵耐久力解析器:対機甲) [#g9274dd1]
 敵スポット時、敵車両 を分析し、チーム全員に伝達
 #ref(helmet.jpg,nolink);
 NetBat Vehicle IDは
 ネットワークバトルフィールドシステムの
 新しいアップグレードである。synth-flexとnano-modを合して
 ネットワークに接続している全ての分隊メンバーに敵軍の搭乗兵器の情報を提供できる。
 &color(Red){TIPS};
 -兵器全般の耐久力が表示されるようになる(レールガンや対空砲等も含む)
  ※NetBat共通で機能を有効に使うには同じ目標を一定時間見続ける事(1〜2秒ほど)
   工兵NetBatの場合は同じ兵器を見続ける事(徒歩でも兵器のスコープ越しでも可)
   (ただ耐久力がMAXだと表示されない事が時折ある)
 #br
 #pcomment(工兵/コメント/NetBat,5)
 #br
 ***PDS-1(自動対機甲レーダー) [#h0acbb6a]
 #ref(BF2142PDS-1.png,nolink);
 マイクロプロセッサーを搭載するPDS-1は
 地中、地上の環境音を別にするソナーを使い搭乗兵器、航空機、降下ポッドを感知する。
 搭乗兵器の種類、位置を検出し&color(Yellow){チーム全員に情報を提供する。};
 #br
 &color(Red){TIPS};
 -地味だがチーム全体としてみるとコレの重要度はかなり高い。
  特にAPC等の兵器が多数出るようなMAPでは敵兵器を見過ごした瞬間に分隊が殲滅される事も
  ある為、自軍の前線側の拠点には最低一つ設置しておく事。
  後方拠点は司令官のスポットに任せたいがnoob司令官の場合はアテにしないでコレを貼っておけ・・・
 -ソナーの有効範囲はUAVと同様で結構広く、手薄な拠点に貼り付ければ、裏鳥に来た
  敵FAVや敵輸送機を探知してくれる。
 -速度が速いガンシップに敵兵器偵察用として貼り付けるのも非常に有効。
 -本人死亡後は2-3分で消滅し、攻撃されると非常に壊れ易い。
 -何かに貼り付けると効果を発揮し、乗り物や隊長のドローンに貼り付けることも可能
 -効果範囲はUAVと同程度で見た目も同じため見間違えやすい。(画像参照)
  ただUAVとは作動音が違う、UAV起動時にはチャットが流れる等の分かりやすい違いがあり、
  新兵でもある程度慣れれば判断出来るようになる。
 -効果を発揮しない(バグ)場合は&color(Aqua){装備を拾うキー(初期設定はG)で回収};後再設置する事。
 &color(Red){コメントを反映したもの};
 -兵器ソナーと言うのはゲーム上で兵器扱いになるモノを表示する。
  (≒少し意味が違うが倒された時にAEDで蘇生不可の状態になるものと思っておくと分かりやすい)
  具体的には「ポッド系全て」、「レールガンor対空砲」、「ハシゴ」、「タイタン」も兵器扱いとして
  ミニマップに映る。
 -効果的な話をすると司令官のUAVから歩兵探知を省いたモノになるので司令官スポットが出来ない
  「2番席だけに兵士が居る敵APC」や「戦闘エリア外の敵兵器」等もミニマップに映る&color(Red){(←ココ重要)};
 #br
 
 
 #ref(PDS-1-1.jpg,nolink,around);
 #ref(PDS-1-2.jpg,nolink);
 //画像付きで説明追加してみた。てかチーム全員だよね?これメット無くても見れるような・・ 11/5
 #br
 #pcomment(工兵/コメント/PDS-1,10)
 #br
 ***[[Pilum H-AVR>武器性能一覧#ma23eb44]](対車両用携行大口径砲 パイラム様) [#a30c1cf9]
  装弾数:1 予備クリップ数:5個
 #ref(BF2142AV_Rifle.png,nolink);
 Pilum H-AVR(対車両ライフル)はMitchell AV-18やSudnik VPとは違い、
 誘導機能を搭載していないためその高速弾が頼りである。
 Pilum H-AVRが放つ重装甲をも貫通する徹甲弾は、特に装甲車両の弱点に対して大きな効果を持つ。
 &color(Red){TIPS};
 -狙撃地点がバレ難いので分隊長の装備としても選択肢に入る。
 -ATとコレは一長一短なのでどちらが優れているとかは無い。
  敵兵器にきっちり当てられる能力がある工兵なら好みで選んでも問題はない。
 #Br
 &color(Olive){簡単にまとめ(コメントが長くなってきたので)};
 無誘導であるため攻撃目標側で警告音が鳴らない。
 そのため回避行動やシールドの展開を防ぐことが可能である。
 発射後即退避可能なので、物陰から一瞬身を晒してトリガーを引くだけでよい。
 これにより狙撃される危険性が減る。
 また、誘導時間が無いため次弾装填開始が速いのも利点である。
 精度に難色を示すコメントがいくつかあるが、
 トリガーを引いてからワンテンポ置いて発射される際のリコイルを
 考えて照準を僅かに下げる等すれば、ほぼ狙った場所に飛んでいく。
 逆に無誘導であるために「当てるための技量」が必要とされる。
 目標が止まっていれば難無くHitさせることが可能だが
 攻撃目標が移動していると、目標の位置や移動方向・移動速度・地形・弾速等を考えて撃たなければならない。
 当然だが目標が遠距離になるほど難易度は上がるため勘も必要。
 
 |>|>|>|>|>|CENTER:ダメージ表|
 |   |正面 |側面 |後  |上   |下   |
 |タンク|20|47|90+(*2)|>|CENTER:47|
 |APC|25|54|54|54|54|
 |ロボ|16(上半身)|37(足)|62(マーク付近*1)|>|CENTER:90+(アナ○*1)|
 |titan砲台|>|>|>|>|CENTER:37|
 |輸送機|>|>|>|>|CENTER:60|
 |ガンシップ|>|>|>|>|CENTER:90+|
 |バギー|>|>|>|>|CENTER:90+|
 (90+ 燃え始めるので正確にはわかんね 即死ではない)
 (*1 左EU 右PAC 赤カッコ内がアナ○ 青カッコ内はダメージ62 PAC側緑カッコ内は足判定)
 #ref(anal.jpg,nolink,around);
 #ref(anal2.jpg,nolink);
 (*2 画像赤カッコ内 Tigerは上下別判定)
 #ref(tank1.jpg,nolink);
 //俺様のぶっとい砲をアナルにぶち込んでやるぜhehehe 11/8
 //僕のアナルにも突っ込んでくれませんか? 11/20(雨)
 #br
 #br
 #br
 Pilum・・・それは一撃必殺!
 そう、Pilumから放たれた青い光弾の直撃を受けると蘇生不能・・・即ち 即 死 を意味する。
 
 そんなパイラムの魅力に惹かれ、一撃必殺の世界に身を投じた不器用な漢の生き様がここにある。
 詳しくは[[対人パイラム]]をご覧下さい。
 #br
 #pcomment(工兵/コメント/pilum,15)
 #br
 ** マイン&アンチエアーパターン [#de02d7b8]
 ***II-14 EMP(対車両非埋没式電磁地雷) [#m2f69a1e]
 #ref(II-14EMP.png,nolink);
 EMP granadeより破壊力のあるII-14 EMP Mineは手榴弾と同様に電磁波を発し、
 周辺の搭乗兵器を完全に麻痺させることができる。
 EMP型対戦車地雷
 &color(Red){TIPS};
 -「装備を拾う」キー(初期設定はG)で最大所持数まで回収可能。
 - いく度かのパッチ修正を経て敵味方識別機能が搭載された。
 - たまに敵FAVが確かにコレを踏んだにもかかわらず痺れながら走り去る事がある。
 - 基本的にはFAV、スピーダー対策地雷。
  こいつらが最高速度近くで走っているとモーションマインが追いかけないのでコレの出番となる。
 - コレを設置している工兵を見かけたら援護兵はアモパックを置いてあげる事。
  地味でポイントにも結びつかないが裏鳥防止としては有用な装備品。
 - 偵察兵のZeller-Hで破壊可能。
 #br
 #pcomment(工兵/コメント/emp,5)
 #br
 ***DysTek Repair v2.0(強化型修理用溶接機) [#j5b64e78]
 #ref(BF2142Repair.png,nolink);
 DysTek Repair v2.0は手動制御であったHOFF-3000に変わり、
 自動修理機能を備える。
 #br
 &color(Red){TIPS};
 -従来の修理キットより早く修理することができる。
  また所持者が乗車中の場合は修理車両となり、被弾車両が近付けば自動的に修理される。
 -ただし、自動修理の速度は遅い。最前線では味方兵器の移動の妨げにもなり、また敵の砲撃の的
  になりやすいので、修理の際は後方に下がってから修理する方が無難。
 -動き回ったり、サイトを動かしながら修理すると止まったまま修理した時と比べて若干修理速度が上がる。
 -前線付近で兵器から降車して修理する場合は5〜10秒以内が基本。
  それ以上長引くと敵に狙撃されたり、最悪乗っ取られたりする危険性が出てくる。
 #br
 #pcomment(工兵/コメント/Repair,5)
 #br
 ***[[II-29 Motion Mine>武器性能一覧#mae3093e]](自動誘導地雷) [#ga6599ba]
 #ref(II-29MotionMine.png,nolink);
 II-29 Motion Mineは最先端のTDD(目標探知機能)を使い、
 敵軍の搭乗兵器が出す電子、赤外線信号を探知する能力を持つ。
 TDDを搭載するため、威力は通常の地雷より弱い。
 &color(Red){TIPS};
 - 通常、装甲兵器の出ないMAPは無い為、どんなMAPであってもかならずコイツの出番はある。
  コイツが敵兵器の進行ルート上に一つも無い場合は敵兵器が来る前に工兵となって
  設置しておくべし!歩兵MAPでも敵兵器が自由に動けるような戦場だと勝利は確実に遠くなるぞ!
 -「装備を拾う」キー(初期設定はG)で最大所持数まで回収可能
 - 最大所持数は5個。つまり1人の工兵が設置出来るのも5個となる。
  ドコに何個置くかは人それぞれだが、基本的には目視し難い処に隠すように置くと良い。
  逆にワザと見せるように2〜3個置いて敵兵器の足を止め、後ろからパイラムやATを撃ち込むのも良い。
 - 偵察兵のZeller-Hで破壊可能。破壊時に側にいると爆発に巻き込まれるので注意。
  ただEMP地雷と違って狙撃されにくい物陰に隠しても十分に機能するのでさほど気にしなくてもよ良い。
 #br
 #pcomment(工兵/コメント/Mine,10)
 #br
 ***[[Mitchell SAAW 86>武器性能一覧#ma23eb44]] (携行対空誘導弾発射機)[#p1403191]
  装弾数:2発/1クリップ 予備クリップ数:5個
 #ref(Mitchell_AV18.jpg,nolink);
 SAAW 86は低密度合金でCPUバランス制御装置を搭載した機動性に優れた対空砲である。
 弾頭が高速で、航空兵器の熱源を探知しロックオンして追尾する為、航空兵器には効果的な兵器である。
 航空兵器、特にガンシップに対して大きなダメージを与えるが、地上車両に対しては無力に等しい。
 
 基本的なSAAWの使い方
 -当たらないという人も多いが、使い方を正しい使い方を覚えればそれなりに役立つ。
 +敵機を画面の中心から10度以内に1.5秒間捉え&color(Red){(この間必ずしもスコープを覗いている必要は無い)};、&br;スコープを覗いた状態で発射すると、敵機をロックした状態で弾頭が発射される。
 +スコープを覗いてロックを掛けられる範囲は火点から半径450。&br;敵機が火点から半径450以上の距離まで離れると、ロックは解除される。
 +スコープを覗いていない状態やリロード中でも、ロックは保持される。
 +ただし、ロックを保持する為には&color(Red){敵機を視界(画面)内に捉え続ける(敵機の方角を向き続ける)};ことが必要。&br;敵機が画面外(視界外)に行ってしまったり、遮蔽物で敵機が0.35秒間見えなくなったりすると、ロックは切れてしまう。&br;いわゆる&color(Red){完全なファイアアンドフォーゲット(撃ち放し)方式ではない};ので注意。
 +遮蔽物で敵機が見えなくなりロックが切れた場合でも、発射からスコープを覗き続けていて、&br;なおかつ0.35秒以内に再び敵機を画面の中心から10度以内に捉えれば、&br;本来ロックに必要な1.5秒間を待たずに再びロックできる。
 
 SAAWを当てるコツ
 +見晴らしのいい高台や屋根上に立つ&br;(敵からも見えやすくなるので注意。安全に行くならロックオンと誘導に支障が出やすいが遮蔽物の側で・・・)
 +高速移動中のガンシップはすぐに有効射程から消える事が多いのでロックオンしつつ行き先を確認&br;(普段は低速移動〜ホバリング中か味方ガンシップらと交戦中のガンシップを狙う)
 +自身の位置取り、ガンシップの行き先を考慮して発射後の誘導が難しい場合はむやみに撃たない
 +硬い輸送機は味方ガンシップやWKらと連携して狙う事(敵輸送機に修理要員がいたら一人での撃墜は困難)
 
 &color(Red){TIPS};
 -対ガンシップ兵器だが、目視誘導&短い有効射程の為、持っているだけ強烈な対空兵器とまではならない
  ただし、敵ガンシップが機銃や1番席ミサイルを対地で使う為に低空飛行しているor味方兵器やガンシップと
  交戦している最中に撃ち込めば十分な戦果になるので味方との連携重視
  ロックオンアラームで逃げられる事も多いが、敵ガンシップ乗りに好き勝手させないようにする事も重要
 -弾薬が切れていてもスコープを覗いて敵機をロックすれば、ロックオンアラートを鳴らせることができる
 -スコープを覗いていないがロックが掛かった弾頭が敵機を追尾している場合、&br;敵機側では&color(Red){ロックオンアラートは鳴らないが、ロックオンマークのみ表示される};
 -コイツに狙われたら、高速機動での回避より低高度飛行などでのロック解除が望ましい
 -UAVもロック可能で、2発で撃墜できる。ただしUAVは敵味方の区別無しなので、自軍のUAVを撃墜しないよう注意
 -ロックせずに撃つと、弾頭は放物線を描いて飛ぶ
 -対人で当てたら即死だが、ロックなしの精度は低めのため奥の手として
 -ガンシップに対しては1発50のダメージ、輸送機に対しては1発33のダメージ
 -戦車・APC・ウォーカーに対しては1発5〜10のダメージ
 -FAVに対しては1発50のダメージ
 -バグ:ロックした直後や、低めの手すりや壁際で、または視界内にロック対象が複数ある場合に撃つと、ロックしてもまったく誘導しないことがある
 -SAAWは無補給でも10発あり、兵器MAPの最重要兵器とも言えるガンシップを2〜3機撃ち落すには十分な数。
  広い兵器MAPでは単独行動のSAAW工兵が予想出来ない処からぶっ放してくる事もあるのでガンシップ乗りは注意。
 
 #br
 #pcomment(工兵/コメント/SAAW,10)
 #br